ファイル共有専用サービス利用のすすめ

社内でファイル共有する場合だけでなく、遠隔の営業所や取引先とファイル共有する場合、
専用のサービスを利用すると便利です。

<PR>

月額1,575円から50GBの格安ファイル共有 - drivee

drivee は月額1,575円で50GBの容量をファイル共有できるサービスです。

格安ではありますが、WebDAVによる簡単なファイル共有、SSL暗号化通信はもとより、
アカウント毎にアクセスできるフォルダを制限する機能や、アカウントをもってない取引先へ大容量の
ファイルを渡せる機能・アップロードされたファイルのウィルスチェック機能など、ファイル共有サービス
として基本的な機能を備えています。

ロリポップで格安ファイル共有!! 徹底解説!! その1では、レンタルサーバーのサービスでのファイル共有を解説したとおり、
セキュリティの面では不安があります。

ファイル共有専用のサービスでは、セキュリティ面では安心しですし、上述の通りフォルダ毎のアクセス制限機能など
便利な機能もたくさんあります。

ビジネスでファイル共有を頻繁にする必要があるのであれば、使って損はないサービスです。

高品質なファイル共有サービス - IIJ ドキュメントエクスチェンジサービス

格安なファイル共有・driveeを紹介しましたが、中小企業だけでなく大企業も使うような高品質のファイル共有
サービスとして、IIJ ドキュメントエクスチェンジサービス紹介したいと思います。

▽IIJ ドキュメントエクスチェンジサービス紹介URL

http://dox.jp/

これらは、共有レンタルサーバーやdriveeに比べて高額ではありますが、その分、様々な機能が揃っており高品質
です。

高額だからといって、SOHOや10人以下の小さな企業で必ずしも手の届かない金額でありません。
ここでは、格安driveeと機能内容の比較をします。ファイル共有がビジネスにとって非常に重要であるならば、
是非検討してみてください。

<IIJ ドキュメントエクスチェンジサービスにあって、driveeにない機能>

  • アクセスログ管理機能
    • ファイルのアップロード・ダウンロード・削除など、ファイルのアクセス記録を確認できます。
      意図していないアクセスが行われていないか確認することができます。
      セキュリティ的に非常に重要な機能です。
  • 高度なアクセス制限
    • フォルダ単位のアクセス制限に加え、「ファイルのダウンロードのみ可」などの権限設定をすること
      ができます。
      アカウントを複数まとめてグループを作成し、グループ毎にアクセス制限することもできます。
  • ワンタイムアップロード
    • アカウントをもっていないユーザに対してメールを送るだけでなく、一度だけファイルをアップロード
      してもらえる権限をあたえることができます。
  • リビジョン管理
    • WebDAVなどでファイル更新した場合に、更新前のファイルを複数世代分、保存しておく
      ことができます。これにより誤って更新してしまった場合も、元に戻すことができて安心です。
  • 更新通知
    • 任意のフォルダにファイルをアップロードされたことをメール通知することができます。
  • ゴミ箱機能
    • 削除したファイルはいったんゴミ箱に入ります。
      ファイル削除を誤った場合は、元のフォルダに戻すこともできます。
  • 独自ドメインの利用
    • ファイル共有のURLに独自ドメインを使うことができます。
      これができるのとできないのとでは、信頼度が違います。
  • 電話サポート
    • 電話での手厚いサポートを受けることができます。

誤ってファイル送信等してしまった場合は、その影響を知るためにアクセスログを参照できるのとできないのとでは
はるかに大きな違いがあります。サポートの手厚さも勿論大きなポイントです。

ちなみに、IIJ ドキュメントエクスチェンジサービスは、1GBの容量で料金が月額20,000円からです。
料金・容量ともにdriveeよりもはるかに劣りますが、それを補ってあまりある機能があります。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-17 (月) 19:54:14 (2497d)