サービス選択のポイントトップ

ハードディスクの容量はどのくらいのものを選べばいい?

レンタルサーバーのサービス紹介ページには「容量○○GB!」という文字列が必ずうたってありますが、
さて、実際どのくらい容量が必要なものでしょうか?

必要な容量は、もちろん、利用用途や個人・会社によってもちろん全く違いますが、ここでは、
「あまりハードな使い方をしない一般的な利用」をケースに、ホームページ容量・メール容量
の2つにわけてお話します。

なお、容量のお話をする大前提として、GBの単位について簡単に以下に記載しておきます。

1GB=約1000MB
1MB=約1000KB
1GB=約100万KB

<PR>

一般的な利用では、ホームページの容量は1GBもあれば十分!!

作成するホームページが、一般的な会社紹介ページやショッピングサイトなどであれば、1GBあれば
十分でしょう。

以下はサンプルで作成したページです。約200KBあります。

上の例でいくと、1GBあれば、上記のようなページが単純計算で5,000ページ保存できることに
なります。
※同じ画像ファイルを複数のページで使いまわすなどして容量を節約する方法などが
 ありますが、分かりにくくなるのでここでは除外します。

音楽ファイルや動画ファイルをホームページにのせるケースもあるでしょう。
これもエンコード処理によってまちまちなので一概にはいえませんが、たとえば、CDレベルの音質で
5分程度の音楽であれば約5MB、ホームページのトップへ小さな枠をつくりある程度クリアな画質で5分
程度の動画ファイルをのせるのであれば約50MBとすると、音楽ファイルなら約200個、動画ファイルは
約20個のせられることになります。

あとは、今までの内容をもとに、ご自身で作成される予定のページを想定して、1GB以上必要か
を想定してみてください。

どうしても、1GBでは足りないケースとしては、上述のような音楽ファイル・動画ファイルをたくさん
設置するページ、高画質な写真やイラスト素材を多数販売するページなどです。

高画質な写真・イラストは、ものによっては数MB〜数十MBになることもありますから、このようなファイル
を多数保管する必要がある場合では確かに1GBでは足りないかもしれません。

レンタルサーバー容量のだいたいは、メールで使用される!!

上述の通り、レンタルサーバー容量のうち、ホームページで使うのは(一般的には)1GB満たない程度です。

では、何のために数十や100GB超の容量が用意されているか、というとほとんどはメール利用のためと思って
いただいてかまいません。その上で、どのくらいメール容量が必要か、というところを考えてみます。

勿論、メール利用の仕方も人それぞれですから一概にはいえませんが、まず言えることは、「14日間
程度メールをサーバにためておいても余裕がある程度の容量を用意しておくべき」ということです。

ほぼ毎日メールを受信するような個人・SOHOはこの限りではありませんが(ということは、個人・SOHOは
それ程メール容量もいらないということになります。)中小企業の場合、ゴールデンウィークや年末年始・
夏休みのような休みがあるでしょう。その期間はメール受信することはないから、メールはサーバにたまる
ことになります。その最長期間を14日間としてみます。

ここでは一例として、従業員数20名で、1日当たり1人50通程度のメール受信する(うち、10通は1MB程度
のファイルが添付されている)場合を考えてみます。

添付ファイルなしのメールは1通あたり30KB以上になることはあまりないと思われます。そうすうると、
この例の場合、必要なメール容量は以下のとおりとなります。

[30KB(1通あたりの容量)×50(通)+1MB(添付ファイルの容量)×10(個)]×20(人)×14(日)=約3.2GB

この例をもとに、ご自身で必要な容量を計算してみてください。

たとえば、1人あたりの使う容量はだいたいこの程度で社員数が2倍であれば、約6.4GB、社員数が3倍
くらい、受信メール数100通くらい、そのうち半分に5MB程度のファイルが添付されている、なら約45GB
という具合です。

逆に社員が半数で、受信メール数はこのくらいだが、殆ど添付ファイル付きのメールを受信しない、
であれば、1GBも必要ないことになります。


ここでは、「サーバにメールをためておかない」例で記載しましたが、たとえば、受信するメール容量
は上記の通りで、3か月程度メールをサーバにためておく、ということであれば約20GBという具合です。

容量を合計して

上述の例を参考にして、ホームページ+メール容量で計算し、かつ、容量を多く消費する想定外のこ
ともあるでしょうから×1.3ぐらいしておければ用意すべき容量がだいたいわかるでしょう。

今回、例とした内容をもとに計算してみると

[1GB(ホームページの必要容量)+3.2GB(メールの必要容量)]×1.3=約5.5GB

ということになります。

それでも、どのくらい容量が必要か想像できない…

今までの内容をもとにしても、自分がどのくらいハードディスク容量が必要かわからない、
という方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、そんな方のために、使い方があまり激しくはなくかつ、メールを基本的にはサーバから受信して
比較的すぐに消すという条件での1つの目安として参考例をあげてみます。

レンタルサーバーを始めて導入する際など、自分の使用量がわからない場合は、参考にしてみてください。

■おおよその目安

これくらいだと
心配なく使える容量
これくらいだと
余裕がもてる容量
個人2-3GB5GB
従業員数10人以下
のSOHO
10GB20GB
従業員数30人以下
の中小企業
20GB30GB
従業員数50人以下
の中小企業
30GB50GB
従業員数100人以下
の中小企業
50GB100GB

上記はかなり余裕をもった推算です。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-17 (月) 19:51:09 (2591d)