サービス選択のポイントトップ

迷惑メール対策に良いのはどこのサービス?

大量の迷惑メールを受信する人が増えている昨今、スパムフィルタ(迷惑メールフィルタ)は、
メールを重要なビジネスツールに位置づけるユーザにとってはなくてはならない機能であるともいえます。

スパムフィルタ機能自体は、今やどこのレンタルサーバーでもついていますが、迷惑メール対策を重視する場合は、
是非ポイントをおさえて選んでください。

▽スパムフィルタ(迷惑メールフィルタ)を選択する際のポイント

  • その1,迷惑メールの検出率
    • いくらスパムフィルタがあっても検出率が悪くては、迷惑メールはすり抜けるばかりです。
  • その2,迷惑メール検出後の機能
    • 迷惑メールフィルタされたくない送信元からのメールを常に受信するホワイトリスト機能を始め、
      様々な付加機能により、迷惑メール対策を便利に使うことができるようになります。
  • その3,ユーザ毎に迷惑メールフィルタの判定レベルをかえられるかどうか
    • 社内でユーザによっても迷惑メールの受診率は違います。
      客先で名刺をよく外に渡すような営業部には迷惑メールが届きやすい一方、総務部のスタッフには
      届きにくいといったことはよくあります。

<PR>

Active! hunter と WADAX

これらのポイントを全ておさえた迷惑メール機能「Active! hunter」を搭載したレンタルサーバーを提供
しているのがWADAXです。

「Active! hunter」のすごいところは以下の通りです。

  • 高い迷惑メール検出率
    • 世界有数の迷惑メール検索エンジン「Cloudmark」と、日本独自の迷惑メールに強い学習型
      スパムフィルタ「SVM」を搭載
  • 豊富な付加機能
    • 迷惑メール判定されたくない送信元からのメールを常に受信できるようにするホワイトリスト機能
      をはじめ、迷惑メールをサーバ上のゴミ箱に隔離する機能、万が一誤って取引先のメールを迷惑メール
      判定されてしまった場合のメール検索機能など、様々な迷惑メール専用機能を搭載しています。
  • 17段階のスパム判定レベルと英文フィルタ
    • スパム判定のレベルをユーザ毎に最大17段階調整することができます。
      英語のスパムが多く、かつ英語メールを受信する必要ないユーザ向けに英文フィルタもそなえます。
      また、よく届く広告メールの件名や送信元からのメールを常に迷惑メール判定させるブラックリスト機能
      もあります。

迷惑メール判定を重視する場合は、WADAXのレンタルサーバーサービスをお勧めいたします。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-14 (日) 21:52:43 (2564d)